繰越し控除

イントラレーシックのメリット、デメリット、問題点、術後の後遺症、体験談、クリニックの評判や比較、費用などの情報です

イントラレーシックについて:イントラレーシックの術後は眼を清潔な状態…

イントラレーシックの術後は眼を清潔な状態で保たなくてはいけないため、1週間くらい保護用の眼鏡やサングラスを着用するよう勧められます。
花粉やほこりなどの異物が眼に入らないようにするためです。
イントラレーシックの術後数日間は、感染症に注意することも必要なので、外出はなるべく控えた方がいいでしょう。
イントラレーシックの手術後、再度近視が戻ってしまい再手術を受けた方もいますが、ほとんどのケースは回復します。
イントラレーシック手術の後に起こるハロ現象やグレア現象が数ヶ月経っても治まらない場合には、再手術でかなり改善することができます。
イントラレーシックの手術後の視力回復には個人差があるため、自分の希望通りに回復できず、再手術を希望する人もいます。
就寝時は無意識に眼を擦ってしまい、異物が入りやすいので、イントラレーシックの術後1週間程度は、保護用のカバーを使用する必要もあります。
イントラレーシックの術後に着用する眼鏡・サングラス・眼の保護用カバーは、眼科医により無料でもらえるかまたは貸し出しとなる場合があります。
イントラレーシック手術は、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を調節しますので、角膜の厚さも十分に確保できることから、稀に受けられないケースもありますが、一般的には再手術も可能です。
しかし、そこにはリスクがあるため、眼鏡やコンタクトレンズを買い替えるように気軽に行える手術ではありません。
イントラレーシックの後遺症や合併症として、「ハロ現象」・「グレア現象」という、レーシック同様の現象が起こる場合もあります。
レーシック・イントラレーシックの後遺症や合併症と言われる「ハロ現象」は、夜間や街頭の明かりを見た時に、光がぼんやりと霧がかかった様に見える状態を言います。
イントラレーシックの後遺症や合併症により、数ヶ月は、光が今までよりも眩しく感じるようになるケースが多いと言うことです。



Fatal error: Call to undefined function spa_default_options() in /home/sachie/trbland.com/public_html/lasik/wp-content/plugins/snap-shots-for-wordpressorg/ald-snapshots.php on line 97