イントラレーシックを考える:イントラレーシック手術は、一般的に18歳… | イントラレーシック 繰越し控除

イントラレーシックのメリット、デメリット、問題点、術後の後遺症、体験談、クリニックの評判や比較、費用などの情報です

イントラレーシックを考える:イントラレーシック手術は、一般的に18歳…

イントラレーシック手術は、一般的に18歳から60歳までと言われていますが、手術を受けたいと願っても、20代までは近視の場合は進行している最中なので、病院や医師によっては断られるケースもあります。
40歳くらいになると老眼が始まっている場合もあります。
老眼が始まっている方は、手術を受けても効果が薄いので、そのことを知らずに手術を受けてしまった場合には、デメリットとして言われてしまうでしょう。
イントラレーシック手術を受ける日の2週間前からコンタクトレンズの着用を制限されます。
その不自由さをデメリットと感じる方もいるかもしれませんね。
イントラレーシック手術の正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」です。
イントラレーシックの手術は、治療される人の視力や角膜の厚さにより、その治療方法や費用に違いがあります。
イントラレーシックはレーシックと比べると、認可されてまだ7年という新しい手術で、認知度も低いのが現状です。
長期にわたる臨床データが無いのもデメリットの一つかもしれません。
他の手術と同様、イントラレーシック手術の普及率が高まればトラブルも増えてきます。
手術数が増えていくと、そのデメリットも増えていくのかもしれません。



Fatal error: Call to undefined function spa_default_options() in /home/sachie/trbland.com/public_html/lasik/wp-content/plugins/snap-shots-for-wordpressorg/ald-snapshots.php on line 97