繰越し控除

イントラレーシックのメリット、デメリット、問題点、術後の後遺症、体験談、クリニックの評判や比較、費用などの情報です

イントラレーシック情報:イントラレーシックの後遺症や合併症として、「…

イントラレーシックの後遺症や合併症として、「ハロ現象」・「グレア現象」という、レーシック同様の現象が起こる場合もあります。
レーシックイントラレーシックの後遺症や合併症と言われる「ハロ現象」は、夜間や街頭の明かりを見た時に、光がぼんやりと霧がかかった様に見える状態を言います。
イントラレーシックの後遺症や合併症により、数ヶ月は、光が今までよりも眩しく感じるようになるケースが多いと言うことです。
イントラレーシック手術を受けた後、0.7以上の視力まで回復している場合は、再手術をした場合の危険性を考慮し、再手術を勧めない医師もいます。
3ヶ月後に行う再手術は、フラップをもう一度剥がしてレーザーを照射し矯正しますが、追加矯正なので、一度目と同じようにはできません。
それでも、イントラレーシックレーシックに比べるとハロ現象の発生数は、大幅におさえられました。
イントラレーシックを行っている有名なクリニックとして、神奈川クリニック眼科・品川近視クリニック・錦糸眼科・安淵眼科の4つのクリニックがあります。
錦糸眼科は、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡と、5都市でイントラレーシックを行っています。
では、イントラレーシックを行っているクリニックを比較してみましょう。
イントラレーシックの後遺症や合併症により、ドライアイが発生する場合もあります。
不正乱視になってしまったというケース、感染症を起こし、眼球が白っぽく濁ることもあるようです。
イントラレーシックの術後に後遺症や合併症などの不安を感じた場合は、かかりつけの医師に相談することが大切です。
イントラレーシックの後遺症や合併症によっては、再治療が必要になるケースもありますので、手術前のカウンセリングはしっかりと受けておきたいですね。



Fatal error: Call to undefined function spa_default_options() in /home/sachie/trbland.com/public_html/lasik/wp-content/plugins/snap-shots-for-wordpressorg/ald-snapshots.php on line 97