繰越し控除

イントラレーシックのメリット、デメリット、問題点、術後の後遺症、体験談、クリニックの評判や比較、費用などの情報です

イントラレーシック情報:就寝時は無意識に眼を擦ってしまい、異物が入り…

就寝時は無意識に眼を擦ってしまい、異物が入りやすいので、イントラレーシックの術後1週間程度は、保護用のカバーを使用する必要もあります。
イントラレーシックの術後に着用する眼鏡・サングラス・眼の保護用カバーは、眼科医により無料でもらえるかまたは貸し出しとなる場合があります。
イントラレーシック手術は、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を調節しますので、角膜の厚さも十分に確保できることから、稀に受けられないケースもありますが、一般的には再手術も可能です。
しかし、そこにはリスクがあるため、眼鏡やコンタクトレンズを買い替えるように気軽に行える手術ではありません。
イントラレーシックの術後は、たばこ・酒なども3~4日控えなくてはいけません。
勤めている仕事の内容によっては、イントラレーシックの術後は、1週間ほど休まなくてはいけない場合もあります。
イントラレーシックの術後は、見え方になれるまで、夜間の運転などは控えるよう、医師から注意されます。
イントラレーシック手術を受けた後、0.7以上の視力まで回復している場合は、再手術をした場合の危険性を考慮し、再手術を勧めない医師もいます。
3ヶ月後に行う再手術は、フラップをもう一度剥がしてレーザーを照射し矯正しますが、追加矯正なので、一度目と同じようにはできません。
それでも、イントラレーシックはレーシックに比べるとハロ現象の発生数は、大幅におさえられました。



Fatal error: Call to undefined function spa_default_options() in /home/sachie/trbland.com/public_html/lasik/wp-content/plugins/snap-shots-for-wordpressorg/ald-snapshots.php on line 97